エストロゲン

更年期障害の症状でホルモン補充療法をはじめて8ヶ月が経ちました~!

ハート

更年期障害のようなほてりの症状が出て、ホルモン補充療法をはじめて8ヶ月が経ちました。

時間が経つのが早すぎる~!現在の様子や、変化について書いていきます。



初回限定20%OFF!完全栄養の主食 BASE FOOD スタートセット

治療を始めたきっかけ

42歳の私ですが、40代になった頃から「ほてり」や「めまい」など、更年期障害のような症状が出ることが増えました。

年齢的には「プレ更年期」の時期に当たるのかなと思いますが、症状が辛かったので、子宮がん検診の時に、産婦人科の先生に相談して、検査をしてもらったのがきっかけで、ホルモン補充療法をはじめました。

元々自律神経が乱れやすく、それが原因で体調を崩しやすいところもあり…

・下腹部痛
・腰痛
・頭痛
・下痢
・貧血
・不安な気持ちになる
・やる気が出ない
・関節痛
・手足がだるい

など、自律神経とも更年期とも取れるような症状がたくさん出てしまていました。

数値的には、すぐに治療が必要という訳ではなかったんですが、私と同じように数値は問題なくても、ホルモンを補充する治療で、ほてりの症状がなくなる人もいるからということで、やってみることになりました。

そこから約8ヶ月、エストラーナテープとメノエイドコンビパッチという2種類のテープを、定期的に貼り換える、ホルモン補充療法を続けています。

8ヶ月続けたて感じていること

症状を改善したくて始めた治療ですが、忙しい主婦にとって週に1回の通院や、テープの貼り替えは、簡単なようで負担に感じることもあります。

でもやっぱりやってよかったと思うことの方が今の時点では多いです。

ホルモン補充療法をやってよかったと思うこと

のぼせの減少

以前は日常的に感じていたのぼせが、治療を進めるうちに減少しました。

のぼせが辛かったから、これがやっぱり一番うれしいことです。

気分の安定

今も生理前とか、気分の浮き沈みはありますが、治療の前によくあった、この世の終わりみたいな気分になることは減ったなと実感しています。

旦那に嫌なこと言われたり、子供がわがまま言ってくると、上手く流せずに「なんで私ばかり追い詰められるんだろう」とか「誰も私のことなんか分かってくれない」と思って、ふさぎ込んでしまう日が続いていたんですが、そういう気持ちが落ち込む機会が減ったのも良かったです。

健康面でもメリット

昨年の健康診断で、骨密度の低さを指摘されていたんですが、今年の診断では数値が良くなっていました。

一応食事や運動で気を付けてもいましたが、エストロゲンは骨の健康にも関わっているそうなので、関係ありそうかなと思いました。



からだ楽痩茶

ホルモン補充療法を続けて大変だと感じたこと

特別難しいことをするわけではないので、私みたいにズボラじゃない方にはなんてことないかもしれませんが、8ヶ月間続けて大変だなとか、注意しなければいけないなと感じたことも書いておきます。

ホルモン補充療法で注意が必要なこと

貼りかえ忘れに注意

以前、風邪をこじらせて、テープの貼りかえを1週間ほど怠ったことがあったんですが、その後けっこう多量の不正出血が出てしまい、生理とも重なって、大変なことになってしまいました。

貼りかえ忘れで起こる体の変化には個人差がありますが、私は出血による貧血でかなり辛かったので、それ以来ちゃんと忘れないように気を付けています。

長期間の治療は体への影響にも注意

私はまだ使い始めて8ヶ月ですが、長期間のホルモン補充療法は、一部で乳がんのリスクが上がるとも言われており、定期的な検査が必要です。

私は、40歳の時に、乳がん検診に引っかかったことがあり、結果的には大丈夫だったんですが、念のため一年に一度検査を受けています。

過去に子宮頸がんの手術をした経験もあるので、こちらも半年に一度検査を受けています。

更年期障害を、どのように乗り越えるかは、一人一人の選択です。私はホルモン補充療法を選び、多くのメリットを感じています。
もちろん、デメリットもありますが、それを知った上で、自分の体と向き合うことが大切かな~と思っています。

また、引き続き思うことがあれば書いていきます。




ドメイン取るならお名前.com

【ママの健康】子宮頸部円錐切除術を受けた時の話
【40代主婦】思だるい・頭痛・腰痛…もしかして更年期障害なのか。
【40代のダイエット】老けずに痩せる方法とは?
【更年期の治療】月一の病院に行ってきました!治療開始から約5ヶ月の最近の様子です。
【40代のダイエット】更年期に痩せにくくなる原因・対策で夏までに痩せる!
【ママの健康】子宮頸部円錐切除術を受けた時の話

更年期障害の治療でホルモン補充療法をはじめて7ヶ月経った今の変化

ハート

更年期障害のようなほてりの症状が出て、ホルモン補充療法をはじめて7ヶ月が経ちました。

現在の様子や、変化について書いていきます。



オーストラリア発オーガニックコスメ「ジュリーク」の【ローズオイル フェイスオイル】

ホルモン補充療法をはじめた経緯

現在42歳の私ですが、40代になった頃から「ほてり」や「めまい」など、更年期障害のような症状が出ることが増えました。
年齢的には「プレ更年期」の時期に当たるのかなと思いますが、症状が辛かったので、子宮がん検診の時に、産婦人科の先生に相談して、検査をしてもらったのがきっかけで、ホルモン補充療法をはじめました。

元々自律神経が乱れやすく、それが原因で体調を崩しやすいところもあったんですが、下腹部痛、腰痛、頭痛、下痢、貧血、不安な気持ちになる、やる気が出ない、関節痛、手足がだるいなど、自律神経とも更年期とも取れるような症状がたくさん出てしまていました。

数値的には、すぐに治療が必要という訳ではなかったんですが、私と同じように数値は問題なくても、ホルモンを補充する治療で、ほてりの症状がなくなる人もいるからということで、やってみることになりました。

現在の治療は、エストラーナテープとメノエイドコンビパッチという2種類のテープを、定期的に貼り換える、ホルモン補充療法です。

貼り換え忘れちゃったりもしますが、一度体調不良の時に、4日位貼り換えを忘れた後に、すごい量の不正出血があったので、それ以来怖くて忘れないようにしています(^^;)

その時の話は、こちらに詳しく書いています。
【ホルモン補充療法中】初めての不正出血で病院に行ってきました。

治療開始から7ヶ月目の様子

治療を開始してから7ヶ月が経ちましたが、ここまでの変化をまとめます。

治療を開始して2週間、一番初めに「のぼせ」の症状が出なくなりました。

その後、腰痛や関節痛のような体の痛みも徐々になくなっていき、気持ち的にも少し落ち着いてきたのか「やる気が出ない」「不安な気持ちになる」など、精神的な部分も少しずつ改善されていきました。

あとは、生理周期が25日と、すごく早かったんですが、最近は31~32日周期で安定しています。

生理の出血量も波があったんですが、治療をはじめて数ヶ月経った頃から、安定してきたように感じます。

それに加えて、最近感じるようになった変化は、肌荒れが少なくなったこととか肌の乾燥がマシになったこととか、治療が関係あるかは分かりませんが(^^;)



いつでも、どこでも、よりソエル。オンラインヨガ ソエル

乳がん検診も受けてきました

私は、子宮頸がんの手術をしたことがあるので、検査は半年に一回受けています。

ホルモン補充療法は、子宮の癌だけでなく、乳がんのリスクも上がると言われているので、こちらも一年に一度は受けています。

毎年3月に受けてたんですが、今回は6月から市の補助が出るので、先月受けてきました。

ホルモン補充療法をしているので、いつもよりはちょっとドキドキしましたが、異常なしでした。

ちなみに、以前からある右胸の嚢胞が5ミリから3ミリに小さくなっていました!なんでやろ?

40歳を過ぎて、いろいろな検査を受けるたびにちょっと緊張するようになりました。

治療は引き続きやってるので、また変化があったり、病院での情報があれば書いていきたいと思います。



ドメイン取るならお名前.com


【40代のダイエット】老けずに痩せる方法とは?
【更年期の治療】月一の病院に行ってきました!治療開始から約5ヶ月の最近の様子です。
【40代のダイエット】更年期に痩せにくくなる原因・対策で夏までに痩せる!
【ママの健康】子宮頸部円錐切除術を受けた時の話

更年期の治療開始から半年が経ちました!この半年の変化について

スッキリ

今から半年前、女性ホルモンの数値としては、治療が必要という訳ではなかったけど、イレギュラーな形でホルモン補充療法を開始しました。

この半年の体の変化と、治療の体験談を書いていきます。



女を上げる【LUNA-ルーナ-ハーバルサプリメントプレミアム】

半年間の治療で大変だったこと

現在41歳の私ですが「ほてり」や「めまい」など、更年期障害のような症状が出ることが増え、年齢的には少し早いのかなと思いながらも、子宮がん検診の時に、産婦人科の先生に相談して、検査をしてもらったのがきっかけで、ホルモン補充療法をはじめました。

数値的には、すぐに治療が必要という訳ではなかったんですが、私と同じように数値は問題なくても、ホルモンを補充する治療で、ほてりの症状がなくなる人もいるからということで、やってみることになりました。

この2年ほど、生理の不調が続き、体調も崩しやすくなっていました。

特に、生理前と生理中の不調がきつくて、こんな症状が出ていました。

①下腹部痛
②腰痛
③頭痛
④下痢
⑤貧血
⑥不安な気持ちになる
⑦やる気が出ない
⑧関節痛
⑨手足がだるい
⑩めまい
⑪のぼせる

腹痛・下痢・めまいが特にひどくて、症状が強い時には外出もきつくて、かなり困っていました。

子供も成長してきて、お金もかかるようになってきたので、ガッツリ働きたいと思うものの、体が全然動かずに困っていました。

健康に動き回りたい!というのが、ホルモン補充療法を開始したきっかけです。

治療は、エストラーナテープとメノエイドコンビパッチという2種類のテープを、定期的に貼り換える、ホルモン補充療法です。

治療自体がすごく難しかったり痛いものではないんですが、この治療の大変だなと思うポイントをまとめておきます。

【ホルモン補充療法で大変だったこと】

①貼り換えをサボって不正出血

何をするにも忘れっぽい私は、油断すると貼り換えを忘れてしまいます。
ちゃんとやらなきゃと意気込んで頑張っていたんですが、一度体調を崩した時に、油断して貼り換えをサボってしまいました。

すると…かなりの量の不正出血が出てしまい、かなり焦りました~(^^;)

その時のことは、こちらに詳しく書いています。↓
【ホルモン補充療法中】初めての不正出血で病院に行ってきました。

②貼り換え忘れが不安

大変と言うか、毎日バタバタと過ごしていると、うっかり貼り換えを忘れたり、前回いつ貼り換えたのかわからなくなることもあります。

ちゃんとメモしておかなければいけませんね。

薬とか続けるの苦手です…でもまたあの不正出血が起こるかもと思ったら、怖いので、ちゃんと続けます。

③子宮がんや乳がん検診でドキドキする

今回の診察では、子宮頸がんと子宮体癌の検査も受けてきました。

ホルモン補充療法を受けている人は、治療で病変が増大する可能性がある病気の検査を、定期的に受けることが大切です。

子宮頸がん、子宮体がん、乳がんなど、ホルモン剤の影響を受ける可能性がある検診は、しっかり受けましょう!

私の場合は、子宮頸がんの手術経験があるので、半年に一回、乳がんと子宮体がんは一年に一度受けています。

ちなみに、子宮頸がんの手術は、再発していないかドキドキしてしまいます。

子宮頸がんのことはこちらに詳しく書いています。↓
【ママの健康】子宮頸部円錐切除術を受けた時の話



オーストラリア発オーガニックコスメ「ジュリーク」の【ローズオイル フェイスオイル】

半年の治療で一番変わったこと

治療を開始して2週間、一番初めに「のぼせ」の症状が出なくなりました。

その後、腰痛や関節痛のような体の痛みも徐々になくなっていき、気持ち的にも少し落ち着いてきたのか「やる気が出ない」「不安な気持ちになる」など、精神的な部分も少しずつ改善されていきました。

あとは、生理周期が25日と、すごく早かったんですが、最近は31~32日周期で安定しています。

生理の出血量も波があったんですが、治療をはじめて数ヶ月経った頃から、安定してきたように感じます。

これからの治療

半年間治療を続けてきて、嬉しい効果もたくさんあったと思います。

病院の先生と、いつまで治療を続けるかの話はしていませんが、特に、何年で辞めなければいけないといった決まりはないそうです。

「ずっと続けてても身体にリスクはないのかな~」とか「治療をやめたらまた体調が悪くなったら嫌だな~」と思うこともあります。

ちなみに、5年以上継続すると乳がんのリスクが上昇すると言う報告もあるそうで、多くの婦人科では5年以内に治療に区切りをつける場合が多いそうです。

5年ってけっこう長いな~。

ちなみに、家族に乳がんを怠った人がいたり、リスクがある人は、5年に限らずしっかり検診を受けた方がいいと言われています。



ドメイン取るならお名前.com

私も「もう半年も続けてる」って感覚でしたが、まだ治療は続きそうです。

【40代主婦】思だるい・頭痛・腰痛…もしかして更年期障害なのか。
【40代のダイエット】老けずに痩せる方法とは?
【更年期の治療】月一の病院に行ってきました!治療開始から約5ヶ月の最近の様子です。
【40代のダイエット】更年期に痩せにくくなる原因・対策で夏までに痩せる!

40代主婦・度重なる体調不良は女性ホルモン不足…?

薬

40歳になり数ヶ月が経ちますが、なんだか急激に体調に変化が訪れ、いろいろと検査してみたものの特に異常はありません。

先日、更年期障害について調べていたら、もしかして私女性ホルモンが足りないのかも…と思い調べてみました。



女を上げる【LUNA-ルーナ-ハーバルサプリメントプレミアム】

目次

最近気になっているのは「更年期障害」

元々健康的ではない虚弱体質な40歳主婦ですが、ここ最近倦怠感、頭痛、腰痛など気になる不調が続々と出てくるようになりました。

さらに、気になるのは髪や肌のつやのなさ、見た目が老け込んでいくこともすごく気になっています。

先日テレビで「更年期障害」についての特集を見て「もしかして…」と思うようになりました。

更年期障害については、こちらに詳しく書きました。↓
【40代主婦】思だるい・頭痛・腰痛…もしかして更年期障害なのか。

更年期障害の症状をまとめておきます。

更年期に起こりやすい症状
・疲れやすい
・倦怠感、だるさ
・ほてり、のぼせ、発汗
・手足が冷える
・めまい、立ちくらみ
・耳鳴り
・頭痛
・不眠(寝つきが悪い、浅い眠り)
・動悸、息切れ
・肩こり
・腰痛
・不安、イライラ…他

更年期障害でこのような症状が現れる原因は、女性ホルモン(エストロゲン)が減少することです。

閉経の前後5年間、合計10年間は、卵巣の機能が低下してエストロゲンの分泌が減ってしますそうですが、平均的な年齢で言うと45~55歳位ということです。

私は40歳なので、少し早いのでは?と思ったんですが、最近は30代後半から「プレ更年期」に悩ませる女性も多いんですって。

では、年齢に関係なく、女性ホルモンが多い人、少ない人にはどのような特徴があるのでしょうか。

通常、女性ホルモンである「エストロゲン」が多いということは、女性ホルモンを注射するなどの医学的なケースを除いてはないそうです。

つまり、女性ホルモンの分泌は「正常」または「少ない」のどちらかなんだそうです。

女性ホルモンの分泌が少ない人の特徴

・無月経
・ストレスを抱えやすい
・体重の増減が激しい…他

女性ホルモンが少ない人全てに、この特徴が当てはまるわけではありません。

喫煙や染色体の異常、過度なダイエットなどが原因となることも多いそうです。



あなたのサイトのURL、そろそろスリムにしませんか?

婦人科を受診するべき?

女性ホルモンが減少して、更年期障害のような症状がある場合、すぐに婦人科を受診するべきなのか悩む所ですよね。

特に症状がまだ軽ければ、市販のサプリメントで様子をみるって人も多いですよね~。

甲状腺機能の低下や、自律神経失調症など、更年期障害と似た症状の病気もありますし、婦人科に行くのが正解なのか、判断も難しいところです。

しかし、女性ホルモンの分泌が減少するのには、何かしらの原因があるので、婦人科でエストロゲンの分泌量を調べておくと安心です。

「まだ年齢的には更年期障害は早すぎる」と思って放っておくと、40歳未満で閉経することもあるそうです。

早くに閉経すると、骨粗しょう症のリスクも上がるみたいなんですが、私もこの前の健康診断で、骨密度が低いことを指摘されました…

検査は、採血で女性ホルモンの分泌量を調べます。

気になる症状が続くようであれば、婦人科を受診するといいのではないでしょうか。

女性ホルモンの分泌に問題があれば、薬などで治療をすることができます。

私ももうすぐ子宮頸がんの定期検診があるので、その時に相談してみようと思っています。

子宮頸がんの話はこちらに書いています。↓
【ママの健康】子宮頸部円錐切除術を受けた時の話



女を上げる【LUNA-ルーナ-ハーバルサプリメントプレミアム】

女性ホルモンは増やせる?

女性ホルモンが減少している場合、食事や生活習慣などで増やすことはできるのでしょうか。

調べてみると、女性ホルモンが年齢とともに減少することは止められないそうです。

そのため、基本的には病院で女性ホルモンを補充する方法が効果が高いということですが、普段から女性ホルモンに似た成分を摂取することでも対策ができるそうです。

女性ホルモンを補う方法

普段の生活の中で女性ホルモンを補うためには、健康的な生活が基本になります。

栄養バランスの良い食事

女性ホルモンを補充する食べ物というのはないそうです。

効果があるとよく言われる、大豆に含まれるイソフラボンは、女性ホルモンを増やすというのではなく、あくまでも女性ホルモンの「エストロゲン」と似た化学構造だということです。

だからと言って、豆腐や納豆を食べるのが無意味というわけではなく、女性特有の症状対策に期待されている成分です。

イソフラボンは積極的にとっていきたいですね。

さらに「エクオール」という成分が、女性ホルモンに似た働きをすると言われていますが、エクオールを作るために必要な腸内細菌は、日本人の2人に1人しか持っていないんだとか。

最近は、エクオールがサプリメントでも摂取できるみたいですよ

質の良い睡眠

睡眠不足が原因で自律神経の働きが乱れると、女性ホルモンの分泌にも影響します。

部屋の温度、枕など睡眠環境を整えて、7時間以上の睡眠時間を確保できるのが理想的です。

運動する

運動が苦手な人にとっては「運動することがストレス」と思うかもしれませんが、適度に体を動かすことはストレスの発散、代謝を良くするなど、体に良いメリットも多いです。

また、運動で適度に体を疲れさせることで、睡眠の質を良くする効果も期待できます。

ストレッチやヨガをする習慣を身に付けたいですね。

最近の自分の老け込み方にショックを受けているので、まずは婦人科を受診して、生活にも気をつけたいです。

「子供を送りだしたらヨガの時間♪」なんて優雅な生活送ってみたい~!

必死にお皿洗って洗濯干して掃除機かけてパートに走る!

さてどのタイミングでヨガをやろうか。

「できるかできないかじゃなくて、やるかやらないか」←最近次男がハマっている言葉です。

刺さる~!!

究極のめんどくさがり主婦です、私。



通わないフィットネススタジオSOELU

片づけ・収納が大の苦手な私が家をスッキリ片づけた方法
【子供の偏食と小食】体重がなかなか増えない小学生の体重を増やしたい

体調を崩しやすいと思っていた次男は米アレルギーでした。