ママの病気

「このまま起き上がれないかも」と思うほど辛かったプレ更年期から回復するまでの話

39歳の時に当然きた「プレ更年期」の症状。

思うように体が動かず、不調がどんどん現れ「このまま起きれなくなるかもしれない」と思う日々でした。

その時の様子と、改善したきっかけについて書いていきます。



女を上げる【LUNA-ルーナ-ハーバルサプリメントプレミアム】

【40代のダイエット】老けずに痩せる方法とは?
【更年期の治療】月一の病院に行ってきました!治療開始から約5ヶ月の最近の様子です。

突然体が動かなくなった時のこと

2年ほど前の39歳の時、突然体が動かなくなりました。

とは言っても、少し前から「体がだるいな~」「頭が痛いな~」という不調はありました。

でも、疲れてるのかなと、あまり気にしていませんでした。

2年前のゴールデンウィークが終わろうとしている頃、お皿を洗っていたら突然手足がしびれて、体に力が入らなくなり、そのままリビングで横になったのを覚えています。

その日をきっかけに、それまでは普通に自転車で往復していた片道5分のスーパーに行くにも、動悸、息切れが激しく途中で自転車を押して歩くようになりました。

家事も、掃除機をかけたらソファに倒れ込むように休憩して、お皿を洗ったらまた休憩…

食事の準備も億劫で、キュウリを切りながら「あ~、まだあと半分も切るのか…」と思うこともありました(笑)

体が重いのもありますが、手足がしびれたり、関節が痛くなる、腰痛、頭痛、ほてりなど、体を動かすのが辛くなる原因がどんどん増えていく感じが辛かったです。

これは病院で診てもらうしかないということで、血液検査などでいろいろ調べてもらったものの…

貧血や甲状腺の異常などもなく、全く異常が見つかりませんでした。

自律神経の乱れや、精神的なことが原因かもしれないけれど、はっきりとした原因は分からないまま、漢方薬を飲んだり、接骨院に通いながら、過ごしました。

生理の不調が続いていた

「このままでは本当に起き上がれなくなるかもしれない」と不安になり、原因を考えている時に、生理の不調が続いていたことに気づきました。

現在、長男は中学2年生、次男は小学6年生なので、次男の出産からはすでに10年以上が経ちました。

出産前の生理は、生理痛はきついけれど、薬を飲めば治り、出血量はやや少なめでした。

その他、生理周期なども特に問題ありませんでした。

長男出産後は、生理痛も軽くなり、元々少な目だった出血量もさらに減ったので、生理が楽になりましたが、次男を出産後に生理痛も出血量も出産前より多くなっていました。

その後、排卵期や生理の時には腹痛、腰痛などの不調はあるものの、異常と呼べるほどの不調は現れませんでした。

そして、3年前に子宮頸がんが見つかり、円錐切除術を受けています。

子宮頸がんの円錐切除術については、こちらに詳しく書いています。↓
【ママの健康】子宮頸部円錐切除術を受けた時の話

手術により頸管が狭くなって月経痛が起こることはあるようで、私も痛みは感じていましたが、半年ほどでなくなりました。

その後、生理の不調が出るようになり…

①下腹部痛
②腰痛
③頭痛
④下痢
⑤貧血
⑥不安な気持ちになる
⑦やる気が出ない
⑧関節痛
⑨手足がだるい
⑩めまい
⑪のぼせる

など、いわゆるPMSの症状が強くなっていたこともあり、いろいろと調べていく中で「プレ更年期」というものがあることを知りました。

「プレ更年期」とは?

日本人女性は、平均的に50歳頃に閉経します。

その前後5年の計10年(45歳から55歳まで)を更年期と呼び、閉経の時期に女性ホルモンが減少することで様々な不調が起こる時期だとされています。

しかし、最近は45歳より前に、同じような不調が現れる女性が増えたため、30代後半~40代前半に同じような症状が出ることを「プレ更年期」と呼ぶそうです。

医学的な正式な病名ではありませんが、年齢的には早いけど、更年期のような症状が出ている人は「プレ更年期」の可能性があるかもしれません。

私もこの半年、家の中で座っているだけなのに、顔がほてってのぼせたような状態になることが増えました。

と言っても、似た症状が出ているから「私はプレ更年期だ」と思い込んでしまうと、もし違う病気が潜んでいる場合、見逃してしまうこともあります。

30代後半から40代前半と言えば、仕事、家事、育児など、忙しく体に無理をして過ごす人も多い年代です。

更年期に似た症状が出ても、不調が続く場合は、他の病気の可能性も疑ってみましょう。

少しずつ体が楽になったきっかけ

漢方薬や接骨院での施術の効果もあったのか、腰痛や手足のしびれ、体の重さは少しずつ動きやすくなっていきました。

しかし、体調に波があったり、スッキリしない症状もあり、婦人科で相談してみました。

検査の結果、女性ホルモンの数値は、治療が必要なほど少なくありませんでした。

でも、ほてりの症状などを改善するために、ホルモン補充療法の治療を始めました。

テープを貼ってホルモンを補充する治療ですが、5ヶ月間続けている今、ほてりなどの症状は落ち着き、体も心も元気になってきたように思います。

実は、30代後半~40代前半で更年期障害のような症状に悩んで、婦人科を受診する人は年々増えているそうです。

しかし、不思議なことに、この年代で受診して検査を受けると、症状はあるのに、女性ホルモンの数値は正常ということも珍しくないんだとか。

なぜ女性ホルモンの数値が正常なのに、更年期障害のような症状が出るのか、明確な理由はまだ分かっていませんが、ストレスや不安、BMIの数値が高いことよって、血管運動神経症状としてのぼせ、ほてりなどの症状が出ているとも考えられているそうです。

更年期障害になるには、年齢的にはまだ早いかなと感じても、心配であれば血液検査で女性ホルモンの数値を調べてみると、不安が少し解消されるかもしれません。

また、実際に受診して、女性ホルモンの数値には異常がなかったものの、月経前症候群など、別の病気の可能性があると診断されれば、適した治療を受けることができます。

私も「まだ早いかな~」なんて思っていましたが、結果的には心も体も楽になることができたので、受診してよかったと思います。

あとは、運動不足で体が重かったのもあると思うので、ダイエットもかねて、最近はよく歩いたり、痩せるストレッチや筋トレで身体を動かすことも意識しています。


【40代のダイエット】更年期に痩せにくくなる原因・対策で夏までに痩せる!

貧血の治療をした時のことと、貧血が改善した理由

ハート

現在41歳の主婦ですが、30代になったころ、貧血に悩まされ、治療を始めました。

最近も少し貧血のような症状が出ることもあるので、貧血の原因や改善方法について、詳しく調べてみました。

体質に合わず断念した治療の話や、改善した理由についても書いていきたいと思います。



女を上げる【LUNA-ルーナ-ハーバルサプリメントプレミアム】

貧血の診断や症状

女性は特に、貧血で悩まされている人は多いですよね。

貧血は、体の中の血液が薄くなった状態で、血液に含まれる赤血球やヘモグロビンが少なくなって、臓器へ十分な酸素を供給することができなくなります。

臓器に酸素が不足すると、体に不調が起こり、様々な症状が出てきます。

貧血と診断される数値

・血中のヘモグロビン濃度が、男性の場合13.0g/dl、女性の場合12.0g/dl以下

貧血の主な症状

貧血の症状は…

・頭痛
・動悸、息切れ
・めまい
・疲労感
・倦怠感

などがあります。

独身時代から「貧血かな?」と思うことがありましたが、調べることもなく若さでやり過ごしていました(^^;)

貧血は、体が重くて辛いんですよね~。

貧血になる原因

貧血のなる原因は、鉄分の摂取が不足していることが最も多いです。

基本的には、鉄分は食事で摂取することになるので、偏った食生活や極端なダイエットが原因で貧血になるケースも多いです。

体に鉄が足りない状態を「鉄欠乏性貧血」と言います。

貧血になる人のほとんどは、鉄不足による「鉄欠乏性貧血」が原因になりますが、他の病気が原因で起こる貧血もあります。

貧血の原因となる病気

・子宮筋腫などの婦人科系疾患
・胃潰瘍
・消化器系の疾患
・白血病…など

胃潰瘍でも症状が強くなると出血が起こることがありますし、子宮筋腫では筋腫が大きくなると生理の経血が多くなって貧血が起こることもあります。

貧血を改善する方法

何か病気が原因の貧血であれば、その治療が必要になりますが、鉄不足による貧血の場合は、食事からしっかりと鉄分を摂ることが重要です。

鉄分が豊富な食材

・レバー
・牛肉
・赤貝
・砂肝
・かつお
・まぐろ

・納豆
・小松菜
・枝豆
・ほうれん草…など

鉄分は、野菜や海藻類に多く含まれる「非ヘム鉄」よりも、肉や魚の赤みに多く含まれる「ヘム鉄」の方が、体への吸収率が高いので、積極的に食べておきたいですね。

食事で頑張って鉄を摂取しても改善しない場合は、病院で鉄剤を処方してもらう方法もあります。
薬の服用が体に合わない場合は、注射などで治療する方法もあります。



お名前.com

貧血改善の体験談

最後に、私の貧血と改善した時の体験談を書いておきたいと思います。

妊娠中も貧血になり、薬を処方してもらっていましたが、出産後も忙しい毎日に追われて、自分の食事に気を遣うことができない日々でした。

毎日「体がだるいな~。貧血かな~。」なんて思いながら過ごす毎日。

すると、次男を出産してから3年後、なぜか突然生理の経血の量が増えました。

子宮がんの検診のついでに、産婦人科でその話をすると、貧血になっていないか検査をしてもらうことに。

血液検査の結果「貧血ですね。ちゃんとご飯食べてる?しんどいでしょ?」と言われました。

私の場合は、生理の出血量が増えていたことが原因かもしれないとの事で、低用量ピルで出血量を抑える治療をスタートしました。

しかし、低用量ピルを飲み始めてから2週間後くらいから毎日夜中に足をつるようになり、病院で相談すると、血栓ができたら大変だからと治療を中止することになりました。

その後、生理の出血量も自然と少しずつ減り、食事にも気を付けて、血液検査の結果、貧血は改善されていました。

生理の出血量が元に戻った理由は分かりません。

毎年、健康診断で血液検査を受けていますが、貧血を指摘されることは無くなりました。

私の場合、治療はすぐに中止したので、貧血が改善したのは、やっぱり食事が重要だったのかなと思います。

ちなみに、食事以外にも、サプリメントや健康食品も利用していました。

サプリメント

鉄ビタミン

サプリメントは、値段もお手頃価格のこちらを愛用していました。

キヌア

キヌア

鉄分も多く含むキヌアもサラダにしてよく食べています。

スクスクダイズ

朝ごはん

栄養きなこの「スクスクダイズ」は、子供のカルシウムや鉄分摂取のために買っていますが、私も一緒に食べています。

ヨーグルトや豆乳に混ぜて頂いています。

【予約期間10%OFF】\ 無添加 国産大豆 / スクスクダイズ きなこ味 鉄分 カルシウム 亜鉛 子供用 【約30食分】 小学生 キッズ こども 子ども 赤ちゃん ベビーフード きな粉 ジュニアプロテイン タンパク質 不足 身長 サプリメント 伸ばす 離乳食 鉄分補給 人工甘味料不使用
やっぱり栄養を意識した食事って大事なんですね!

最近は、更年期障害の治療でホルモン補充療法をしている影響もあるのか、生理の出血量が増えることもあり、また貧血にならないように気をつけなければいけないと思っています。

【40代のダイエット】老けずに痩せる方法とは?
【更年期の治療】月一の病院に行ってきました!治療開始から約5ヶ月の最近の様子です。
【40代のダイエット】更年期に痩せにくくなる原因・対策で夏までに痩せる!
【ママの健康】子宮頸部円錐切除術を受けた時の話

【更年期の治療の副作用!?】ホルモン補充療法中の体の変化

ハート

更年期障害の症状が出て、ホルモン補充療法のため、エストラーナテープとメノエイドコンビパッチを使用しています。

悩んでいたほてりの症状は治まったのもも「もしやこれは副作用?」と思う症状もあります。

今回は、更年期障害の治療の副作用について、体験談を書きたいと思います。



女を上げる【LUNA-ルーナ-ハーバルサプリメントプレミアム】

更年期障害の治療

現在41歳の主婦で2児(中2、小6)の母ですが、更年期障害のような症状が出ることが増え、年齢的には少し早いのかなと思いながらも、子宮がん検診の時に、産婦人科の先生に相談して、検査をしてもらったのがきっかけで、ホルモン補充療法をはじめました。

数値的には、すぐに治療が必要という訳ではなかったんですが、私と同じように数値は問題なくても、ホルモンを補充する治療で、ほてりの症状がなくなる人もいるからということで、やってみることになりました。

ホルモン補充療法にも、いろいろなやり方があるようですが、私は、テープをお腹に貼ってホルモンを補充する方法を約5ヶ月続けています。

治療を始める前の私が困っていたた症状は…

①下腹部痛
②腰痛
③頭痛
④下痢
⑤貧血
⑥不安な気持ちになる
⑦やる気が出ない
⑧関節痛
⑨手足がだるい
⑩めまい
⑪のぼせる

などがありました。

もともと自律神経も乱れやすいので、全てが更年期障害の症状だとは限りませんが、テープを貼って1ヶ月程経つと、めまいやのぼせの症状がなくなりました。

その後、頭痛、腰痛、関節痛も楽になり、気持ちの面でも安定してきたように思います。

しかし、ホルモン補充療法の副作用なのかな?と思う症状で困っていることもありまして…

その副作用について書いていきます。

ホルモン補充療法の副作用

私の副作用について書く前に、エストラーナテープとメノエイドコンビパッチの副作用について書いておきます。

エストラーナテープの副作用

主な副作用

・一次刺激性接触皮膚炎
・紅斑
・皮膚そう痒
・不正出血
・消退出血
・乳房緊満感
・浮腫
・かぶれ
・皮膚水疱
・皮膚色素沈着

テープを貼るから、皮膚のトラブルが起こりやすいんですね~。

その他の副作用

・乳房痛
・頭痛
・乳腺症
・眠気
・めまい
・動悸
・便秘
・下痢
・腹痛
・蕁麻疹
・体重増加/減少

この他にもいろいろあるようですが、女性ホルモンを補充しているから、ホルモンバランスも変化するので、いろいろな変化は感じやすいようですね。

また、重大な副作用としては、アナフィラキシーショックなどもあると書かれています。

メノエイドコンビパッチの副作用

主な副作用

・乳房緊満感
・下腹部痛
・乳房痛
・帯下
・発赤
・皮膚炎
・皮膚そう痒
・ヘモグロビン減少
・紅斑
・ヘマトクリット減少
・皮膚色素沈着

エストラーナテープの副作用と似てますね。

ヘモグロビンの減少は、主に鉄不足で起こることが多いそうですが、減少すると貧血をひき起こす原因になるそうです。

ヘマトクリットが減少すると、血液が薄くなるので、こちらも貧血の原因になるそうです。

その他の副作用

・乳房痛
・頭痛
・乳腺症
・眠気
・動悸
・便秘
・下痢
・腹痛
・蕁麻疹
・貧血

その他たくさんありますが、こちらもエストラーナテープの副作用と似ています。

重大な副作用としてアナフィラキシーショック、呼吸困難なども書かれています。

私が最近悩んでいる副作用

頭痛や下痢は、治療を始める前からあった症状なので、副作用でも気づかなさそうです(^^;)

最近私が一番困っているのが…

眠気です!!!

元々、テレビとか見ながら居眠りしちゃうタイプではあったんですが、最近は強烈な眠気で気付けば意識が飛んでいるような感覚で困っています。

お風呂に入っている時や、食事中でも睡魔に襲われることも多くて…

仕事でもパソコンに向かいながら寝てしまわないかヒヤヒヤする毎日です。

副作用での眠気の度合いには個人差があると思いますが、私の場合、本当に突然寝てしまっている感じなので「眠くなってきたからちょっと体を動かそう」とか、前もって対策ができないのも辛い!

「え!?私今寝てた?」みたいな感覚です。

困ったなぁ~。

夜の睡眠時間をもう少し長くできたら、日中の睡魔もマシになるのかなと考えたりしますが、これ以上睡眠時間を確保するのは難しくて。

ちなみに毎日の平均睡眠時間は5時間半くらいです。

私的には足りないけど、朝はお弁当作りもありますし、もうちょっと寝るわけにはいかないしな~(^^;)

仕事に支障をきたすほどになってきたら、治療をストップするしかないのかなと考えています。

次に病院に行った時に相談してみます!



お名前.com

【40代のダイエット】老けずに痩せる方法とは?
【更年期の治療】月一の病院に行ってきました!治療開始から約5ヶ月の最近の様子です。
【40代のダイエット】更年期に痩せにくくなる原因・対策で夏までに痩せる!
【ママの健康】子宮頸部円錐切除術を受けた時の話

ダイエットにもおすすめと聞いて、キヌアを取り入れてみました!

スッキリ

昨年のダイエットでリバウンドして、リベンジのために4月から再びダイエットを始めた41歳主婦です。

食事や運動など、いろいろと試していますが、今回は最近食べ始めたキヌアでのダイエット効果について書きます。



バランス美脚を叶えてくれる究極のレギンス【BMLストレートレッグ】

キヌアについて

キヌアは、雑穀の一種で、栄養が豊富に含まれているので「スーパーフード」として知られていますよね。

何年も前に料理教室に行った時に、キヌアを使った料理を教えていただいて、その時に初めて「キヌア」を知ったんですが、栄養価も高く、強いクセもなく、食感も良くて、時々買っていました。

キヌアに含まれている栄養素は…

・タンパク質
・食物繊維
・カリウム

などで、成長期の子供にも必要なものがギュッと詰まっているので、最初は子供に食べさせるために買っていました。

でも、最近「キヌアダイエット」という言葉を聞いて、自分のためにも興味を持ちました~。

キヌアの栄養素

キヌアはタンパク質が豊富

キヌアは、白米や玄米の2倍以上のタンパク質を含んでいます。

筋トレも始めた私にとって、タンパク質は積極的に摂っておきたいですし、タンパク質には筋肉の量を増加させるだけでなく、基礎代謝を維持する効果もあるので、ダイエットにも適してますね。

キヌアは食物繊維が豊富

食物繊維が豊富な食べ物は、便秘解消にも効果があるので、ダイエットには必要な栄養素ですよね~。

他にも食物繊維は血糖値の上昇を抑える効果もあるので、脂肪を溜めこむのを防ぐというメリットもあります。

キヌアはカリウムが豊富

カリウムは体内にたまった塩分を排出するのに必要な栄養素です。

カリウムが足りないと、むくみやすい体になってしまいます。

キヌアダイエットとは?

キヌアダイエットは、料理に取り入れる方法や、白米と一緒に炊く方法が多いです。

私は仕事や家事に追われて、朝ごはんやお昼ご飯には、白ご飯ですませてしまうことも多いです。

そうなると「ダイエット中なのに今日は白ご飯食べ過ぎたな~」ということも多くて。

白ご飯の代わりにキヌアを取り入れたらいいんじゃないかなと。

キヌアの摂取量は1日に20gが目安なので、私はサラダやヨーグルトと一緒に食べて白米を食べる量を減らしました。

お気に入りは…

・サラダに乗せる
サラダ

・冷奴に乗せる
冷奴

・ヨーグルトに乗せる
ヨーグルト

こんな感じで、多めにキヌアを炊いておいて、乗っけて食べてます。

白ご飯は、朝ごはんで少し食べますが、昼と夜は食べずにキヌアです。

けっこちゃんとお腹いっぱいになります。

キヌアでリゾットやチャーハンを作るのも美味しそうですね。

食事にキヌアを取り入れるメリット

キヌアは低カロリー、高タンパクということでダイエット効果に期待して食べ始めましたが、他にもメリットはあるみたいです。

キヌアを食べるメリットは…

・更年期障害の予防
・骨粗しょう症の予防
・美肌効果
・貧血の予防

女性ホルモンと似た働きをする「フェトエストロゲン」が含まれているので、更年期障害の予防効果も期待できるそうです。

更年期の症状に悩まされる私にとっては嬉しい限りです。

鉄分や葉酸も含まれているので、貧血予防になるのも嬉しいですね。

親子で続けていきたいでです。



お名前.com

【ママの健康】子宮頸部円錐切除術を受けた時の話
【40代主婦】思だるい・頭痛・腰痛…もしかして更年期障害なのか。
【更年期の治療】月一の病院に行ってきました!治療開始から約5ヶ月の最近の様子です。

【更年期の治療】月一の病院に行ってきました!治療開始から約5ヶ月の最近の様子です。

ハート

女性ホルモンの数値としては、治療が必要な数値という訳ではなかったけど、イレギュラーな形でホルモン補充療法を開始して5ヶ月が経ちました。

月一の診察とお薬をもらうために病院に行ってきたので、現在の様子を書きたいと思います。

これまでの症状や体・心の様子

現在41歳の私ですが、更年期障害のような症状が出ることが増え、年齢的には少し早いのかなと思いながらも、子宮がん検診の時に、産婦人科の先生に相談して、検査をしてもらったのがきっかけで、ホルモン補充療法をはじめました。

数値的には、すぐに治療が必要という訳ではなかったんですが、私と同じように数値は問題なくても、ホルモンを補充する治療で、ほてりの症状がなくなる人もいるからということで、やってみることになりました。

私は、3年半ほど前に子宮頸がんの高度異形成と診断されて、円錐切除手術を受けています。

その時の話は、こちらに詳しく書いています。↓
【ママの健康】子宮頸部円錐切除術を受けた時の話

そして、手術後は月経痛を感じることも多かったんですが、半年くらいするといつもの生理に戻っていました。

この2年ほど、生理の不調が続き、体調も崩しやすくなっていました。

特に、生理前と生理中の不調がきつくて、こんな症状が出ていました。

①下腹部痛
②腰痛
③頭痛
④下痢
⑤貧血
⑥不安な気持ちになる
⑦やる気が出ない
⑧関節痛
⑨手足がだるい
⑩めまい
⑪のぼせる

こんな感じだったんですが、症状がひどい時には外出もきつくて、かなり困っていました。

子供も成長してきたとはいえ、まだ下の子は小6なので、習い事の送り迎えや食べ盛りの子供達の食事の準備など、母ちゃん頑張らなあかんことたくさんあります。

健康に動き回りたい!ということで、ホルモン補充療法を開始してみることになりました。

治療開始後5ヶ月の最近の体調

最初はお試しに、女性ホルモンを補充するための「エストラーナテープ」を貼る治療を2週間始めました。

開始からちょうど2週間が経とうとする頃に、不思議とほてりの症状が出なくなったので、引き続き治療を続けることになりました。

本格的に治療をはじめてからは、エストラーナテープと、メノエイドコンビパッチを処方されました。

エストラーナテープは2日に1回の貼り換えでしたが、メノエイドコンビパッチは1週間に2回(3、4日に1回)貼り換えます。

2週間メノエイドコンビパッチを使い、次の2週間はエストラーナテープを使う方法を繰り返します。

毎回1ヶ月分のテープを処方してもらうので、月一で通院しています。

診察は、問診のみで、生理の周期や体調の変化について聞かれる程度なので、すぐに終わります。

料金は、薬代を入れて毎回1,000円ほど支払っています。

5ヶ月目の体調の変化

ほてりや倦怠感の症状は、辛かったころに比べてずいぶんマシになりました。

その他の腰痛や頭痛、めまいのような症状は、元々自律神経が乱れやすいタイプなので、全くなくなってはいないです。

不安な気持ちになったり、絶望的な気持ちになることも多かったんですが、こちらもやっぱり、体調がマシになると同時に、頻度は減りました。

他に変わったことと言えば、生理周期が延びました。

これは、治療の影響かは分かりませんが、27日周期だったのが、徐々に30日になり、今回は32日でした。

先生によると、これくらいの周期の変化は、特に問題ないとの事でした。

生理痛や、生理中のしんどさはあまり変わらないです。

忘れてはいけないがん検診

今回の診察で「来月来るときは子宮頸がんと子宮体癌の検査受けてね~。」と言われて思い出しました。

ホルモン補充療法を受けている人は、治療によって病変が増大する可能性がある病気の検査を定期的に受けることが大切です。

子宮頸がん、子宮体がん、乳がんなど、ホルモン剤の影響を受ける可能性がある検診はしっかり受けましょう!

私の場合は、子宮頸がんの手術経験があるので、半年に一回、乳がんと子宮体がんは一年に一度受けています。

と言いながら、乳がん検診は3月の予定だったんですが、まだ行けてない(^^;)

でも、今年は住んでいる地域から頂けるクーポンが頂ける対象となっているので、送っていただくのを待っています。

何はともあれ、治療をはじめて体調が少しずつ安定してきていることは、すごくうれしく思っています。

また、来月も書きます~。

片づけ・収納が大の苦手な私が家をスッキリ片づけた方法
【更年期障害】エストラーナテープの痒み対策して、ようやく落ち着きました!
体調を崩しやすいと思っていた次男は米アレルギーでした。
【スポーツキッズ】サッカー少年にプロテインは必要なのか
【40代のダイエット】更年期に痩せにくくなる原因・対策で夏までに痩せる!

【更年期障害】エストラーナテープの痒み対策して、ようやく落ち着きました!

スッキリ

昨年の11月頃から、更年期症状の治療としてエストラーナテープとメノエイドコンビパッチを交互に貼る、ホルモン補充療法をしています。

治療のおかげで良いこともたくさんありますが…痒い!

今回は、テープの痒み対策で効果の高かったことを書いていきます。


ホルモン補充療法をはじめて症状はマシになりました

現在41歳の主婦で、長男(中2)と次男(小6)の母でもあります。

一般的に更年期障害が始まると言われる年齢より少し早いのですが、倦怠感やめまい、ほてりの症状が出るようになり、一度病院で検査を受けました。

その時の検査については、こちらに詳しく書いています。

【41歳主婦】ほてりなどの症状が続き「更年期障害」の検査を受けてきました。

結果的には、数値は問題ないものの、症状が出ているのでホルモンを補充してみようということになり、エストラーナテープとメノエイドコンビパッチを交互に貼っています。

使い始めて2週間くらいでほてりの症状が治まり、少しずつ体調がよくなってきました。

それはすごくありがたいんですが…

時々、テープ貼ってるところが強烈に痒くなります(^^;)

時々やってくる強烈な痒み

エストラーナテープは2日に1回、メノエイドコンビパッチは週に2回のペースで貼り換えています。

貼っている部分が痒くなる時もありますし、剥がした直後に貼っていた部分が痒くなることもあります。

下腹部に貼っていて、毎回貼る場所は変えています。

剥がしたところの肌がカサついて、掻いてしまって、かぶれがなかなか回復しない時もあります。

若い時の様に肌の回復も早くないので、かぶれた跡がしつこく残っている部分や、ちょっと黒ずんでしまっている部分もあります…

今はまだ汗をかくことも少ない季節ですが、今後暑くなってきたら、もっとかぶれたり痒くなるのではないかと心配(^^;)

ということで、いろいろ改善策を考えて試して、今は落ち着いています。


効果の高かった痒み対策

ネットで調べたり、皮膚科で働いた事があるお友達に聞いたりしていろいろと試して、私的に効果があった対策方法をいくつか書いておきます。

①ゆっくり剥がす

すごくシンプルな方法なんですが、なにげにすごく大事だと思います~。

とくにメノエイドコンビパッチは冷蔵庫で保管しているので、キッチンでビリッと勢いよく剥がして貼り換えることも多かったんですが、あの「ビリッ」がとどめをさしていることに気づきました(^^;)

最近は、お風呂場で体を洗って、湯船につかって、上がる前にゆーっくり剥がすようにしています。

これだけでも剥がした後の赤みやかゆみは違います。

②空いたスペースを使う

ズボンのウエスト部分や、下着のウエスト部分にテープが当たらないスペースに貼るようにしました。

私はウエストがゴムのズボンばかりはいていますが、きつめのデニムやベルトを使う方は、特にその部分を避けた方がいいみたいですね。

最近夫が次男にサッカーを教える時に「スペースを使え!」と言っていたので、私もスペースを使ってみました(笑)

③保湿する

テープを剥がした部分をしっかり保湿するようになって、黒ずみが残らないようになりました。

私は乾燥肌なので、普段使っているボディークリームではすぐにカサついてしまうので、以前皮膚科で処方してもらった「ヒルドイド」や「ワセリン」を使っています。

ベタベタするので、塗った後しばらくはガーゼで覆っています。

肌の回復が追いつかず、下腹部がテープの跡だらけになってきたので気になってたんですが、保湿でかなり改善されましたし、痒みも改善しました~。

こんな感じで最近は痒みやかぶれのストレスがかなり改善されて喜んでいます。

また、気づいた事があったら書きます(^▽^)



【ママの健康】子宮頸部円錐切除術を受けた時の話
【40代主婦】思だるい・頭痛・腰痛…もしかして更年期障害なのか。

今月も更年期障害の治療で病院に行ってきました!

スッキリ

更年期の症状があり、ホルモン補充療法をはじめて4ヶ月目に入りました。

現在の様子を書きます。



着圧ソックス【Sulali Slim(スラリスリム)】

ホルモン補充療法をはじめる前のこと

現在41歳の私ですが、更年期障害のような症状が出ることが増え、年齢的には少し早いのかなと思いながらも、子宮がん検診の時に、産婦人科の先生に相談して、検査をしてもらったのがきっかけで、ホルモン補充療法をはじめました。

私は、3年半ほど前に子宮頸がんの高度異形成と診断されて、円錐切除手術を受けています。

その時の話は、こちらに詳しく書いています。↓
【ママの健康】子宮頸部円錐切除術を受けた時の話

そして、手術後は月経痛を感じることも多かったんですが、半年くらいするといつもの生理に戻っていました。

この2年ほど、生理の不調が続き、体調も崩しやすくなっていました。

特に、生理前と生理中の不調がきつくて、こんな症状が出ていました。

①下腹部痛
②腰痛
③頭痛
④下痢
⑤貧血
⑥不安な気持ちになる
⑦やる気が出ない
⑧関節痛
⑨手足がだるい
⑩めまい
⑪のぼせる

こんな感じだったんですが、症状がひどい時には外出もきつくて、かなり困っていました。

ホルモン補充療法の診察について

病院でホルモンの量を調べる検査をしてもらったんですが、検査結果は問題ありませんでした。

ただ、数値には問題がないものの、ほてりなどの症状が出ているので、薬で女性ホルモンを加える「ホルモン補充療法」をやってみてもいいと先生がおっしゃっていたので、治療を始めてみることにしました。

とりあえず症状をなくしたい気持ちが強かったです。

こちらにも詳しく書いています。↓
【更年期障害】エストラーナテープを使い始めて10日が経ちました。

最初は、2週間「エストラーナテープ」を貼って、体の変化の様子を見ることになりました。

2週間経った時に、すべての症状が改善されることはありませんが「ほてり」の症状は出なくなっていました。

先生から「ほてりの症状が出なくなっているなら、しばらく続けてみようか」と言って頂いたので、ホルモン補充療法をはじめることになりました。

治療を始めることになり、エストラーナテープと、メノエイドコンビパッチを処方されました。

エストラーナテープは2日に1回の貼り換えでしたが、メノエイドコンビパッチは1週間に2回(3、4日に1回)貼り換えます。

2週間メノエイドコンビパッチを使い、次の2週間はエストラーナテープを使う方法を繰り返します。

毎回1ヶ月分のテープを処方してもらうので、月一で通院しています。

診察は、問診のみで、生理の周期や体調の変化について聞かれる程度なので、すぐに終わります。

料金は、薬代を入れて毎回1,000円ほど支払っています。



【fifth】流行のファッションアイテムをハイビジュアル・低価格でご提供!

最近の体調

最近の体調ですが、ホルモン補充療法をはじめてから3ヶ月ちょっと、ほてりの症状は無くなったままです。

さらに、その他の変化は…

・めまいが減った
・抜け毛が減った
・倦怠感が改善された
・頭痛の頻度が減った
・睡眠が深くなった
・食欲が増した

こんな感じですが、全てがホルモン補充療法の影響かどうかは分かりません。

ネットで検索すると、食欲が増したり、太ったりという情報もたくさんありましたが、治療の副作用というよりは、体調が整ってきたことで睡眠や食欲に影響が出ている可能性もあるそうですね。

健康になって来た証拠なのかな?

すごい食欲で困る(^^;)

体重も増えてきたので、頑張って食欲を抑えて、運動も頑張りたいです。

ふと思ったんですが、私の場合、数値は正常だけど治療をしてるとなると、いつまで治療を続けるんやろ(^^;)

次回の診察で聞いてみたいと思います。



お名前.com

【ママの健康】子宮頸部円錐切除術を受けた時の話
【40代主婦】思だるい・頭痛・腰痛…もしかして更年期障害なのか。
不安を抱えやすい次男!小児神経科の先生に診てもらいました。
メンタルが弱い次男(小5)が月に1回学校に行きたくない理由

【ホルモン補充療法中】初めての不正出血で病院に行ってきました。

スッキリ

ホルモン補充療法を開始して、初めて不正出血があったので病院に行ってきました。


しばらく続いた不正出血

昨年の11月20日頃から、更年期障害のような症状があったため、ホルモン補充療法で、テープを貼る治療を始めました。

使用しているエストラーナテープの副作用に「不正出血」とあるんですが、これまで不正出血をしたことはありませんでした。

ちなみに、記憶の限りでは、これまでの人生で不正出血をしたことはありません。

今回は、テープの副作用以外に、もう一つ不正出血の原因として考えられる出来事がありまして…

1月からの様子をまとめて書きます。

1月11日~ 生理スタート(ほぼ予定通り) 

  17日  生理終了

  22日  発熱(コロナ)

  26日  出血

  28日  止まる

  29日  再び出血

  ↓   少量出続ける

2月8日   出血量が増える

  13日   出血がほぼ止まる

こんな感じだったんですが、いろいろ見ていると、コロナに感染している時や、感染後に不正出血をしたという話もちらほらと。

ちなみに、2月8日の出血量が増えた時は、おそらく今月の生理が来たんだと思うんですが、普段の出血量の倍近く多かったのでちょっと焦りました(^^;)

少量の出血の期間もありましたが、割と長いこと続いたので、だんだん体もしんどくなってきて、仕事が休みの土曜日に「ようやく病院へ!」と思ったら祝日Σ( ̄ロ ̄lll)

仕方なく、月曜日まで待ちました。


病院に行ってきました

ようやく病院に行く今日の朝には、ほとんど出血は止まっていました。

貧血気味なのか、動悸息切れは激しかったです。

そして、この流れを説明したところ、コロナの影響はどうか分からないけど、先生から「貼り忘れとかはない?」と聞かれて…

そういえば、コロナで熱が出た時に、しんどすぎて貼り換えのタイミングが何度かズレてしまっていました。

今回の不正出血は、それが原因の可能性もあるものの「これだ」と特定は難しいので、とりあえず今回はこのまま様子を見ることになりました。

貼り換え忘れがないようにまた頑張ります。

ホルモン補充療法の効果

ホルモン補充療法をはじめて2ヶ月半ほど経ちましたが、体の変化は、ほてりの症状がなくなったことと、毎日の倦怠感が強く「だるいな~」と感じていたのがマシになった気がします。

テープでのホルモン補充療法を開始して1ヶ月の様子はこちらに詳しく書いています。↓
【更年期】エストラーナテープを使って1ヶ月。体調の変化について書きます。

私は今41歳で、検査の結果、女性ホルモンの量が足りない訳ではなかったんですが、一般的に更年期障害が起こりやすいと言われる年齢になるまであと数年です。

数値的には問題がなかったものの、ほてりなどの症状があったため、テープでの治療を始めましたが、今後数値が下がっていった時にどうなるんやろうな~と最近気になっています。

この治療の話は、また定期的に書いていきたいと思います。

今回は不正出血で焦りましたが、今後はちゃんとテープ貼り忘れないように気をつけます!


【ママの健康】子宮頸部円錐切除術を受けた時の話
【40代主婦】思だるい・頭痛・腰痛…もしかして更年期障害なのか。

【更年期】エストラーナテープを使って1ヶ月。体調の変化について書きます。

スッキリ

女性ホルモンを追加する治療を始めて1ヶ月が経ちました。

ホルモンの数値的には問題がないのに症状はあるということで、この治療は効果があるのか…と半信半疑でしたが、1ヶ月経った現在の様子を書きます。


治療開始するまでの様子

私は現在41歳の主婦です。

40歳になる前から、頭痛や息苦しさ、ほてりなどの症状が出ていましたが、年齢的に少し早いのかな?と思いそのままにしていました。

でも「ほてりと言ったらやっぱり更年期…」と思って、一度ホルモン量の検査をしてもらいました。

その結果、数値には問題なかったんですが、症状が出ているので、一度女性ホルモンを追加する治療をしてみようとの事になりました。

実際に数値には問題なくても、女性ホルモンを追加して症状が治まる人はいるそうです。

検査の時のことはこちらに詳しく書いています。↓
【41歳主婦】ほてりなどの症状が続き「更年期障害」の検査を受けてきました。

更年期障害の症状って、他の病気と同じようなものが多く、判断が難しいですよね。

私の体に現れた症状で、更年期障害の代表的な症状は、こちらです。↓

・頭痛
・めまい
・耳鳴り
・物忘れ
・倦怠感
・ほてり
・冷え
・動悸
・息切れ
・ドライアイ
・下痢
・肩こり
・腰痛
・手のこわばり
・手足のしびれ
・頻尿
・息苦しさ

などがありました。

他の病気の可能性も考えて、耳鼻科、循環器内科、脳神経内科にも行きましたが、いずれも異常は見つかりませんでした。

「更年期っぽいけど、まだ早いかな…」と思っても、一度検査を受けてみると何か分かることがあるかもしれませんね。

治療開始後の様子

とりあえず、2週間ホルモンを補充するテープを貼って、様子を見ることになりました。

「エストラーナ」という2日に1回貼り換えるテープで2週間試してみました。

使い始めて10日くらい経った頃に、ほてりの症状が出なくなりました。

他には、少し体が楽になったかなと思うのと、抜け毛が減ったかなというのが変化を感じた部分でした。

使用後2週間の様子はこちらに詳しく書きました。↓
【更年期】エストラーナテープを使って2週間、今後も続けることになりました。

ほてりの症状が治まったこともあり、このままさらに1ヶ月治療を続けることになりました。

2週間エストラーナテープをお試しとして使用した後、さらに違う種類のテープを追加してもらいました。

もう一つは、メノエイドコンビパッチを処方されました。

エストラーナテープは2日に1回の貼り換えでしたが、メノエイドコンビパッチは1週間に2回(3、4日に1回)貼り換えます。

今後は、2週間メノエイドコンビパッチを使い、次の2週間はエストラーナテープを使う方法を繰り返します。

ちなみにエストラーナテープはエストロゲンを補充する薬で、エストロゲンとプロゲステロンを補充するのがメノエイドコンビパッチです。


1ヶ月たった現在は…

ホルモン補充療法を始めて40日程経ちました。

この治療で、出血する人も多いと聞きますが、私はいまのところ出血したことはありません。

1ヶ月ちょと続けて、変わったことは…

・その後ほてりの症状は出ていない
・動悸と息切れがマシになった
・お腹の調子が良くなった

このくらいです。

めまいや耳鳴りは、続いているので、違う原因があるのかなと思っています。

あと、最近感じるのは、倦怠感が軽くなったというか、以前は体が重くて家事が進まなかったり、休み休みじゃないと用事が進まないことが多かったんですが、少し前向きに「よしやろう!」と頑張れるようになってきました。

頭痛や腰痛が辛いのは続いていますが…

引き続き変化について書いていきたいと思います。



【ママの健康】子宮頸部円錐切除術を受けた時の話
【40代主婦】思だるい・頭痛・腰痛…もしかして更年期障害なのか。
次男のPFAPA症候群(自己免疫疾患)①
次男のPFAPA症候群➁(小学生になっても治まらない発熱)
次男のPFAPA症候群③(いよいよ大学病院で検査へ)
次男のPFAPA症候群④(治療開始後から1年間)
次男のPFAPA症候群⑤(治療開始1年後から現在まで)
PFAPA症候群の次男、新型コロナウィルスに感染する
次男のPFAPA症候群⑥治療開始から2年半が経ちました。

【めまいと頭痛】脳のMRI検査を受けてきました!

ハート

先週のできごとから一週間経ち、脳のMRI検査を受けてきました。

詳しくはこちらを見て下さい↓
夫との言い合いで突然の鼻血タラ~。そこから病院で検査を受けることになってしまった話。


初めてのMRI検査

夫との言い合いで、血圧が上がったのか頭痛とめまいの症状が出てしまい、一通り問診をしてもらったものの、当日のMRI予約がいっぱいで、改めて1週間後に行くことになっていました。

この1週間は、頭痛、めまいの症状は続いていました。

今回はじめてのMRI検査でドキドキでしたが、時間はたぶん20分くらいで、大きな音も耳センとヘッドフォンから流れる音楽のおかげで全然大丈夫でした。

強力な磁気を使う検査なので、ヒートテックのシャツは脱いでくださいと言われたんですが、長年着ているボロボロのシャツがヒートテックなのか分からなくて焦りました(笑)

検査結果

検査の結果、脳に病的萎縮や変形は認められないとのことでした。

血液検査の結果も貧血、コレステロールなど、全て問題なく、血圧も正常でした。

とりあえず一安心。

しかしながら、今すぐどうってものではありませんが、側脳室周囲に白質病変がありました。

画像で見ると、白い点々があって、それが白質病変なんだそうですが、まだ40代で高血圧でもない人が白質病変ができるのは多くはないと言われました。

特に治療は必要ではありませんが、進行すると脳卒中や認知症のリスクが高まるので、生活習慣に気を付ける必要があるそうです。

あと、大脳に生理的石灰化や髄膜腫を疑う腫瘤があるそうです。

気にっなって調べてみると、関ジャニ∞の安田章大さんが患い、手術されたと見ました。

髄膜腫は良性であることが多いそうですが、大きくなるといろいろ症状も出るようなので、1年に1度検査を受けるように言われました。

今回、白質病変と髄膜腫と思われるものが見つかりましたが、先生が見た感じでは、めまいや頭痛の症状の原因だとは言えないとの事でした。

「めまいは原因がなくても出ることもありますし、ストレスや睡眠障害などの生活習慣でも出ることがあるからね」とのことでした。

今回の検査では、めまいと頭痛の原因が分からず、耳鼻科の検査でも問題がなかったため、また原因特定ならず…

原因や治療法が分かるといいんですが…今回先生に「原因が耳や脳ではないとすると、ストレスとか精神的なものの可能性は高いですか?」と質問したら

「もちろんその可能性はありますし、精神安定剤を飲んで症状が治まる人もいます。」とのことでした。

このままめまいが治まらなければ、精神科か心療内科に行ってみようと思います。


40代になると早めの検査が大事

今回、頭痛、めまいで受診しましたが、結果的に脳に原因があるわけではありませんでした。

でも、白質病変や髄膜腫の可能性があると分かってよかったなと思います。

特に、髄膜腫は症状がない場合が多いので、脳ドックや別の理由で検査をした時に、たまたま分かることが多いそうです。

40歳を過ぎると、定期的な検査が大切なんだなと思いました。

友達のご主人も、喫煙経験が一切ないにもかかわらず、45歳で健康診断を受けて肺に影が見つかったそうです。

何があるか分かりませんね。

私は、39歳で子宮頸がんの手術をしてから、子宮頸がん、子宮体癌、乳がんの検診は受けるようにしています。

検査ってお金がかかるから、嫌だな~なんて思っているうちに時間が経って、ほったらかしになってまうんですが、できるだけ受けた方がいいですよね。

今回のMRI検査での支払いは7,500円位でした。

「ええもん食べれるわ~」と思ってしまいますが、仕方ないですね(笑)



【ママの健康】子宮頸部円錐切除術を受けた時の話
【40代主婦】思だるい・頭痛・腰痛…もしかして更年期障害なのか。